元SUUMO営業マンの物件売却奮闘記

EGENT執行役員の不動産業界のリアルブログ。自身の売却活動を通じた経験から、家を売る際にためになる知識をわかりやすく記載していきます。

Monthly Pitch体験談。スタートアップのシード期において一番大切なのは「メンバー」

 

 

これまで私のブログでは、家を売ることについて知っておくべき内容を自身の不動産売却活動を通して説明をしてきました。

 

私は家を売るユーザーであると共に、EGENTという不動産エージェントの検索サービスを展開するスタートアップ企業、EQON株式会社の共同創業者として役員を務めています。

 

今回は売却活動ではなく、スタートアップ企業の役員として、スタートアップ企業の活動の報告をさせて頂きます。

 

私のブログの読者の方には、不動産にお悩みの方が大半ですが、一定数、大手から独立してスタートアップを経験しているということに興味を持っていただいている方がいらっしゃることもわかってきました。本日は、そんな方々へ向けたメッセージとなりますことをご了承いただけますと幸いです。

それでは、改めてタイトルのMonthly Pitch体験談。スタートアップのシード期において一番大切なのは「メンバー」について記載していきます。

 

 

山を登ってくる人を登った人が手助けする様子

どんな人たちと共にビジネスをしていくのか。常に自問自答する毎日です。

 

なぜこのブログを書こうと思ったのか。

そもそも、なぜこのタイトルでブログを書こうと思ったのか、その経緯をお話させて頂ければと思います。

 

私たちは今まで大手企業に所属していましたので、当たり前ではありますが、毎月自動的に給料が振り込まれてきます。

 

しかし、一度大手企業の看板が外れてしまえば、自分の給料は自分で稼ぐことはもちろん、従業員のお給料も、サービスを世の中に広げていくためにも「お金」が必要になり、自分で稼いでいかなければいけません。

 

大手企業に勤めていたから、高い給料もらっているから、「貯金」があるんでしょ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、大手企業を出てすぐにそんな大金があるかというとほとんどの方がお金を使ってしまっているのが実態だと思います。私も離婚して、色々とお金が必要だったので、全くありませんでした。(笑)

 

とはいえ、やりたいことを見つけて、大手起業の看板を捨ててでも事業をスタートさせたいという思いを持った人にはベンチャーキャピタルと呼ばれる方や、銀行の方々がお金を出資してくれたり、貸したりしてくれます。

 

そんな簡単な話ではもちろんないのですが・・・

 

本日、我々と同じような起業家の方々やベンチャーキャピタル(投資家)の方々と話す場に恵まれ、スタートアップのシード期が大変だと感じ、この期間において何が一番大切かを考える機会を得ることができました。そのため、本タイトルでブログを書きたいと考えました。

 

※シード期の説明については、私が詳しく話すよりも

medium.com

この記事を読んでいただいた方が勉強になるかと思いますので、ぜひ、参考頂ければと思います。

 

本日登壇した「Monthly Pitch」について

 

我々は本日、ベンチャーキャピタルさんへアピールをする機会に恵まれ、「Monthly Pitch」というイベントでプレゼンテーションをしてきました。

 

monthly-pitch.com

 

Monthly PitchでプレゼンテーションをするEGENT代表の三井

プレゼンテーションをする代表の三井

 

このイベントは毎月開催されておりますが、どんな起業家でもプレゼンテーションをできるわけではなく、厳しい審査を勝ち抜いた「起業家」が機会を与えられる形となっています。

 

本イベントは歴史の長いイベントでこれまで登壇されている「起業家」は〇00人以上とのこと!ちょっとどこまで情報を開示してよいかわからないので、伏字を使わせて頂きました。

 

実際にイベントに参加させて頂いて
・これまで数百以上の起業家が生まれているという総量のすごさ
・そんな中でも成功するのは一握りという厳しさ
を改めて感じました。

 

そして何より、「投資家と直接話せる機会」が頂戴できたのは我々にとっても非常に良い体験となりました。

機会を提供して下さった

 Monthly Pitch運営事務局
株式会社サイバーエージェント・キャピタル

様にこの場を借りて御礼申し上げます。

 

これから起業を考えている皆様は、先に戦略を練ってこのイベントに参加するために
どうすれば良いのか考えられると良いと思います。もちろん、私にご相談いただければ、サポートさせて頂きます。「Monthly Pitch」出場権の決定権は私には全くありませんが・・・

 

何故スタートアップのシード期に一番大切なものが「メンバー」なのか

スタートアップのシード期において一番大切なものが「メンバー」だと感じたのかについて記載をさせて頂きます。

 

シンプルで申し訳ないのですが、 

信じれるものが
「それ=メンバー」だけだから

です。

 

正直、どのビジネスがいつどのような形で成功するかは誰にもわかりません。もちろん、「起業の科学」でも書かれているように、一定の勝ち方、成功の仕方はあると思いますが、絶対にこのビジネスは成功すると言えるものはないと思います。

 

とはいえ、活動するためには前段でもお話した通り「お金」が必要で。どんなビジネスをどこまでなぜ展開するのか。「ビジョン・ミッション・バリュー」等、口を言うのは簡単です。しかし活動するために、また、サービスを世の中に届けるために自分の信じた道を誰とどのように歩むのか。説明責任が問われます。

 

そんな中で私たちが信じれるものは、信じなければいけないのはサービス以上に、「メンバー」だと感じました。

 

もちろんただ信じていればいい訳ではなく、信じているからこそ、言いたくないことも言い合って(私は言われてばっかですが笑)、やっていくしかない。と思っています。

 

起業するって大変じゃないですか?ってよく聞かれますが、ぶっちゃけ大変です。が、それ以上に今までに感じたこともないようなワクワク感と人生において何を大切にしなければいけないのかという人生観を学べていることを実感しています。

 

スティーブジョブズが毎日「明日死んでも満足なくらいできることはやったか」と
自問自答していたことは有名ですが、メンバーを信じ、支えて下さっている皆様に感謝して前だけ向いて走っていきたいと改めて感じました。

 

伝わっているかはわかりませんが、改めて、
スタートアップのシード期において一番大切なのは「メンバー」だということです。

 

特にベンチャーキャピタルと面談を進めていくと、創業メンバーが複数人いる場合は、一人ずつ面談を設けられたり、中には前職の上司に面談を求めてきたりと、「メンバー」を事細かく調査するベンチャーキャピタルも存在します。

 

今後、事業を展開していくうえで、会社のメンバーはどんなことを考えていて、周囲の人にはどのような評価を得ているのかを自分自身も知る必要がありますし、ベンチャーキャピタルにもしっかり理解をしてもらう必要が出てきます。

 

時には喧嘩したりすることもありますが、「話し合い」の場を持ち、常に事業を主語において、何を大切にして進んでいくのかを「メンバー」で決めていくしかないのです。

 

スタートアップ企業として、改めてEGENTを家を売るお客様にとって最適なサービスとなるように「メンバーを信じて」磨いていければと思います。

 

本日のご覧頂き、ありがとうございました。何かご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

今後とも宜しくお願い致します。